おかひじきの栄養価や効能がスゴイ!むくみ予防で妊娠中におすすめ!

おかひじき 栄養価
スポンサーリンク

 

おかひじきにはビタミン類をはじめ、カリウムや葉酸、食物繊維などが含まれているため、とても栄養価が高く、妊娠中にもおすすめなんですよ!

 

一見、海藻の一種かと思われがちがおかひじきですが、実は野菜の一種。

 

そのため、ビタミンも豊富であり、様々な健康に良い効能を持っています。

 

そこで今回は、あまり知られていないおかひきじの栄養価や効能をより詳しく、またおかひじきが妊娠中におすすめの理由も解説していきます!

 

 

おかひじきの栄養価は?

おかひじきの栄養価は

  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • カリウム
  • 葉酸
  • 食物繊維など。

こうして見ると、かなりおかひじきの栄養価ってとっても高いことが分かりますね!

 

ビタミンが数種類含まれているだけではなく、カリウムや葉酸、カルシウムも、栄養価として含まれているため、かなりのスーパーフードだったんです。

 

おかひじきを食べるだけで、健康にとっても良いことは間違いないのがわかりますね。

 

では、具体的におかひじきを食べることで、栄養価を得られるとどんな効能があるのでしょうか?

 

続いてはおかひじきを食べることで得られる、とっても体に嬉しい効能を紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

おかひじきの効能

おかひじきの効能は

  • 粘膜や皮膚の状態を整える
  • 肌や体内の機能の老化を抑制する
  • 健康な骨や歯を作る
  • むくみを改善する
  • 健康的な細胞を作り出す
  • お通じを改善する

など恐るべし、おかひじきのパワーがわかります。

 

ご覧いただいてわかるようにおかひじきって、栄養価が豊富なだけあって、すっごく良い効能も持っているんですね。

 

ではより詳しく、おかひじきの効能について解説します。

 

ビタミンAで粘膜や皮膚の状態を整える

おかひじきに含まれているビタミンAを摂取することで、体の粘膜や皮膚の状態を健康に整えたりすることが出来ます。

そのため健康な皮膚をキープしたい場合は、ぜひビタミンAを摂取していくと良いですね。

 

ビタミンEで老化を抑制する

ビタミンEには、肌や体内の機能の老化を防ぐ、抗酸化作用という効能があるんですよ。

要するにアンチエイジング効果を得られるため、美容にも役立つ効能でしょう。

 

ビタミンKで健康な歯や骨を作る

ビタミンKには歯や骨を丈夫にする効能があります。

カルシウムの吸収率を高めてくれるため、ビタミンKを摂取することで、よりしっかりとした歯や骨を作り出したり、維持することが出来るんですよ!

 

カリウムでむくみ改善

カリウムを摂取することで、体内の余分な水分を排出することが出来るため、体のむくみをしっかり除去することが可能。

女性は特に体がむくみやすいので、積極的に摂取すると良いですね。

 

葉酸で健康的な細胞を作り出す

葉酸は健康的な細胞を多く生成する効能があるし、妊婦さんが摂取することで、お腹の中の赤ちゃんの発育もしっかりと良くしてくれます。

妊娠中はぜひ、おかひじきを食べて葉酸を摂取したいですね。

 

食物繊維でお通じ改善

食物繊維には腸内環境を整えて便通を良くする効能があります。

便秘がちなのでしたら、おかひじきを食べてしっかりお通じを良くしていくことをおすすめしますよ!

以上がおかひじきの栄養価による効能。

本当におかひじきって、体に良いスーパーフードだったんですね!

 

スポンサーリンク

 

 

おかひじきが妊娠中におすすめの理由

おかひじきには、

  • 子宮環境を整えるビタミンA
  • 健康な骨や歯の生成に必要なビタミンK
  • むくみを解消するカリウム
  • 健康的な細胞作りに役立つ葉酸

が含まれています。

以上のことから、おかひじきは妊娠中にはとってもおすすめとされているんですよ!

 

ビタミンAでしっかりと子宮環境を整えられるし、ビタミンKを摂取することで、お腹の中の赤ちゃんの骨なども丈夫にしてあげられます。

 

また、妊娠中はどうしても体がむくみやすいので、カリウムを摂取して、むくみを解消していけるでしょう。

 

そして葉酸を摂取することによって、お腹の中の赤ちゃんの細胞も健康的なものに出来るし、発育もより良くなるんです。

おかひじきって妊娠中の体にはまさに適した食材なんですね。

ぜひ妊娠中なら、おかひじきを積極的に食べていくと良いでしょう。

 

でも・・・

スーパー野菜おかひじき!

食べ過ぎには注意です!!

 

とっても栄養価が高く健康的なおかひじきですが、いくら体に良くても食べ過ぎてしまうと、トイレが近くなったり、お腹を下したりしてしまうことがあるので注意が必要!

 

というのも、おかひじきに含まれるカリウムには利尿作用があるため、過剰に摂取してしまうとトイレが近くなってしまうし、腎臓に負担をかける場合もあります。

 

また、おかひじきが持つ食物繊維も、やっぱり過剰摂取することで、お腹を下してしまう可能性があるため、食べ過ぎには注意すべきなんですね…。

 

おかひじきはぜひ、1日に30g程度を目安に食べていくと良いですよ!

 

◆こちらもオススメ!おかひじきに関連する記事

おかひじきとは何?どんな味がして生で食べれる?下処理やゆで方のコツ
おかひじきとは海岸の砂浜や海辺の砂地に生える野菜の一種であり、少し苦味やえぐみがありますが、硬い部分を取り除いたら、生で食べても、ゆでてサラダにして食べてもOK! ゆでる場合は塩を少々入れて、軽くゆでるのがコツですよ。...

 

おかひじきが売ってない?スーパーに並ぶ時期や選び方、保存期間は?
おかひじきは普通のスーパーでは売ってないことが多く、デパ地下にあるような高級スーパーや道の駅などに、4月~6月頃に販売されることが多いです。 もしスーパーでおかひじきを買う場合は、鮮やかな緑色をしていて、ツヤがあるもの...

 

 

おかひじきの栄養価や効能のまとめ

おかひじきには数種類のビタミンをはじめ、カリウムや葉酸や食物繊維などが含まれており、栄養価も高いため妊娠中の体にも嬉しい効能がたくさんあるんですよ!

 

ただし、おかひじきは食べ過ぎるとトイレが近くなったり、お腹を下してしまう可能性もあるため、目安として1日30g程度を食べること。

 

そうすれば妊婦さんの場合なら、母子ともに適量の栄養を摂取することが出来るでしょう!

 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました