市民プールで化粧やネイルはどうする?マナーを知って楽しもう!

市民プール 化粧 ネイル
スポンサーリンク

 

プールで遊ぶ際の化粧について女性は気になりますよね。

「彼氏とデートなのにすっぴんは嫌!」とか「日焼けするからせめて日焼け止めだけでも」という方もいるでしょう。できるものならUV対策も化粧もしたいんだけど・・・。

そこで今回は、プール利用時のマナーと共に泳いだ後の肌ケアについてご紹介します。

 

市民プールに入るとき化粧はどうする?

やはり、多くの市民プールでは化粧は禁止されています。ジムやスポーツクラブのプールでも禁止されていることが多いですね。

 

化粧以外にも日焼け止めやサンオイル、ワックスなども禁止されていますね。

中には「水に顔を絶対つけないから化粧は落とさない」「水の中でウォーキングするだけだし」という方もいるかと思います。

 

自分が気を付けていても周りにはおそらく多くの利用客がいるはず。どんなハプニングがあるかわからないですので化粧は落とす。マナーを守り気持ちよく利用したいですね。

 

スポンサーリンク

 

プールに入る前に化粧を落とすには?

プールを利用する際は、各自クレンジングシートやメイク落としを持参し、化粧を落とす必要があります。

最近のプールではクレンジングが用意されているところもあるんですよ。
とはいえ、基本的にはクレンジングは持ってきた方がよいですね。

 

中にはウォータープルーフタイプだから大丈夫って思っている方もいると思いますが、残念ながらウォータープルーフもプールの中では落ちてしまいます・・・。

なのでこちらもクレンジングが必要です。

 

メイクを落としてプールを楽しんだあと、気になるのは肌のツッパリ。

次では、プールで泳いだあとの肌のケアについてお伝えします!

 

プールで泳いだあとのお肌ケア

プールの水には消毒のため塩素が入っているので、まずはぬるま湯シャワーをゆっくり浴びましょう!

 

泳いだあと、少し長めにシャワーを浴びること!
ぬるま湯を流すだけで、簡単に塩素による影響を防ぐことができます。

これだけでOKなんですよ^^

 

よく洗顔料で洗い流すと言った意見が見られますが、個人差はあるものの、洗い流す過ぎによる肌への負担のほうが心配です。

 

ですので、少し長めにシャワーを浴びた後は、優しく水分を拭き取り、できるだけ早く化粧水などのスキンケアを始めましょう。

 

肌って、濡れた状態から肌が乾くまでの時間、そのまま放置していると保湿機能がどんどん低下していくんですよ。

 

化粧禁止になっている市民プールなどは、パウダールームを設けていることが多いので、スキンケアが済んだらいつもどおりメイクをすればOKですね^^

 

帰り道、すっぴんは辛いですから。。しっかり保湿したら化粧をして出発しましょう。

彼氏と来ている場合、女性の着替えやメイクの時間男性は暇することが多いようです。

すっぴんからスキンケアを行っていくため、時間がかかってしまいます。

お待たせしている人がいるときは、時短メイクで済ませられるとベターですね^^

 

 

市民プールに入るときネイル(マニキュア)はしたままでも大丈夫?

こちらは施設によりけりです。

事前に利用する市民プールやスポーツクラブ、ジムのマナーを確認しましょう。

 

なぜネイルがだめなのか。
安全面・衛生面の観点から、ネイルをしたままのプールの使用を禁止している施設もあるようです。

 

長い爪により、周りの利用客との接触でケガをさせてしまう可能性もありますから。

それに加え、基本的にネイルと水の相性は良くないんですよ。

使用しているネイルの種類にもよりますが、繰り返し水の中に浸かることで、ジェルが傷んだり、爪からはがれてしまったりするようです。

 

せっかくのネイルなら長持ちさせたいですよね。プールの予定があるときは控えたほうが良さそうですね。

除光液で簡単に落とすことができるマニキュアならプールの前に落とすだけなのでいいかもしれません。

 

市民プールで化粧やネイルはどうする?のまとめ

 

これからの季節、市民プールやナイトプール、ジムやスポーツクラブでプールに入る機会が増えていきますね。

化粧もネイル・マニキュアも禁止されているところが多いことがわかりましたね。
ネイルは意外でした。思い込みで判断していました。

しっかりと利用施設のマナーを確認して、あなたも周りの人も楽しめる時間をお過ごしください^^

 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました