デカフェコーヒーの飲み過ぎは体に悪い?危険性がある?その理由とは

デカフェ コーヒー 体に悪い
スポンサーリンク

 

少し前に話題になったデカフェ。どういう意味かご存じですか?

 

そもそもデカフェとは、英語からきており、“カフェインを除去した”という意味。
ディカフェ、カフェインレス、カフェインフリーとも言われます。

 

最近はデカフェもメジャーな呼び名になりましたが、カフェインレスやカフェインフリーの方が馴染み深いですね。

 

カフェインが取り除かれているため、中毒性が緩和されており、妊娠中や授乳中でもコーヒーを楽しめるというメリットがあります。

 

しかし、どんなものでも飲みすぎは良くなさそうですよね。
今回はデカフェのデメリットや注意点についてまとめました。

 

 

デカフェコーヒーって体に悪いの?飲み過ぎるとダメな理由

理由は、100%カフェインを除去できているわけではないから。

 

実はデカフェの定義として、カフェインを90%以上カットしているものとされます。

最大10%はカットされないカフェインが入っていると思うと、飲みすぎは良くないとわかりますね。

 

コーヒーでカットしている分、カフェインをお菓子や飲み物から摂っても大丈夫ってわけではないからです。

 

スポンサーリンク

 

 

デカフェコーヒーに危険性があると言われるのはなぜ?

コーヒーにはタンニンという鉄分の吸収を妨げる栄養素が入っています。

 

健康な人にはさほど影響しないのですが、注意してほしいのは妊婦さんや貧血気味の方。

タンニンは吸収された鉄分には作用しないので、食事摂取後のコーヒーであれば問題ないです。

 

デカフェコーヒーに危険性があるとわれるのは、危険性を含んでいる抽出方法があるからなんですよ。

ではどのような抽出方法があるのか見てみましょう。

 

 

デカフェの抽出方法による違い

カフェインをとるには主に3つの方法があります。

  1. 有機溶媒
  2. 水抽出
  3. 超臨界二酸化炭素

 

1つ目は 有機溶媒
ジクロロメタンという化学薬品を使った抽出方法になります。

 

2つ目は 水抽出
有機溶媒同様、化学薬品を用いますが、コーヒー豆と薬品が直接触れ合わないため安全性が高い。

 

3つ目が、 超臨界二酸化炭素
化学薬品使用していません。

一番おすすめの抽出方法になりますが、コストがかかるため価格は高めですね。

 

ちなみに日本ではジクロロメタンが認可されていないため、日本で販売されているデカフェは薬品は使われていないと思ってください!

 

海外でなぜこの方法かというと、簡単、味が落ちないからです。

 

このように抽出方法により、化学薬品が使われていたりする物もありますので、購入する際の知識として知っておくといいですよ^^

 

 

デカフェは何杯までならOK?

デカフェなら何杯飲んでも大丈夫!と思っているのなら、ちょっと待ってください!

 

デカフェやカフェインレスとは言え、、カフェインを100%除去できているわけではありません。

 

カフェインを一日の中で摂取するのって、コーヒーだけじゃないですよね。

例えば、緑茶、紅茶、ウーロン茶、チョコレート、ココアやエナジードリンクなど。

 

なのでデカフェとは言え、コーヒー以外のカフェイン量も考慮する必要があるってことです。

 

参考までにコーヒーに含まれるカフェイン量をお伝えしますね。

1杯のコーヒーに含まれるカフェインは、80~100mg
1杯のデカフェコーヒーに含まれるカフェインは、2~15mg

 

 

欧州食品安全機関(EFSA)によると、成人が摂取しても体に影響がないとみられる1日当たりのカフェインの最大摂取量は、成人なら1日400mg

 

コーヒー1杯(150mL)当たりのカフェイン量をおよそ80mgとした場合、
5杯程度でカフェインの最大摂取量になります。

 

このことを参考に、デカフェの場合だと一日最大でも10杯は飲んでも大丈夫ですね。
※あくまでも個人差がありますので参考までに!

くれぐれも飲み過ぎは注意ですよ。

 

 

デカフェ妊娠中なら何杯までなら大丈夫?

一日4~5杯程度なら大丈夫でしょう。

 

外国のデータも参考にしたうえで、妊娠中ならカフェイン摂取量200㎎/一日が上限になります。

 

カフェイン摂取量について詳しく確認したい方はこちらで確認できます。

厚生労働省の公式サイト

 

1杯のデカフェコーヒーに含まれるカフェインは、2~15mgですので、他の食べ物や飲み物からカフェインを摂ることも考えると4~5杯程度なら大丈夫と言えます。

 

少なすぎる・・・と思いますか?

妊娠中、気をつけたいのはカフェインだけではないからなんですよ!

 

それは、コーヒーに含まれるポリフェノールの摂り方にも注意してほしいからなのです。

 

 

妊娠中カフェインレスコーヒーのポリフェノールの摂取に注意!

ポリフェノールを妊娠後期に過剰摂取すると、あかちゃんの血管の一部が狭くなったり、硬くなったりするんですよ。

 

実はコーヒー中にカフェインより多く含まれるポリフェノール。
コーヒー100mlあたり、200㎎のポリフェノールが含まれています。

 

カフェインレスでカフェインはカットできていてもポリフェノールは入っていますので、ここでも過剰摂取した場合は注意が必要になります。

 

ただ、どのくらいの量が過剰なのか、明確な基準はないもののポリフェノールを毎日500~1000mgをとっていた場合に多くみられたとのこと。

 

ポリフェノール1000mgってどのくらいかと言うと、

 

■ポリフェノー1000mgの目安

  • ルイボス茶1.5L
  • ココア10杯
  • 高ポリフェノールチョコレート50g(板チョコ1枚)

などに相当します。

 

ポリフェノールは抗酸化作用があり体にいいのは間違いないんですよ。

 

ただ、一気にポリフェノールを摂取することが良くないですよ・・・ってことです。

ですので、簡単に大量のポリフェノールを取りやすい飲み物などには、注意が必要ですね!

 

 

デカフェコーヒーの飲み過ぎは体に悪い?危険性がある?その理由とはのまとめ

最近はやりのものってすぐ食いついてしまいますが、何事もメリット・デメリット知っておかないといけませんね。

 

デカフェはカフェインの摂りすぎを予防できる反面、ポリフェノールは過剰摂取となりやすいことがわかりました。

 

コーヒーの香りはリラックス効果もありますよね。
適量を守り、優雅なティータイムをお過ごしください。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました