キラハクレンズはホワイトニング効果なし?効果的な使い方とは?

白い歯の女性
スポンサーリンク

口に含んでクチュクチュするだけで歯の汚れを浮かしホワイトニングしてくれるマウスウォッシュのキラハクレンズ。

たったそれだけでホワイトニングの効果はあるのかと言うと、答えは、続けて使用することで「汚れを浮かして吸着⇒歯の再石灰化⇒エナメル質をコーティング」の効果を得ることが出来ますのでご安心を。

歯の汚れの度合いは、キラハクレンズですすいで吐き出したときに確認できます。

えっ?!こんなにも汚れているなんて・・・。

朝晩丁寧に歯磨きをしていても、歯ブラシでは届かない部分に汚れが蓄積しているのを実感できますよ。

キラハクレンズの効果的な使い方もこちらの記事で詳しくお伝えしています。

低コストで手軽に自宅でホワイトニングができるキラハクレンズの公式サイトはこちらからご確認ください。

↓↓↓
すすいで歯が白く息キレイ!【キラハクレンズ】

キラハクレンズのホワイトニング効果は?

キラハクレンズのオリジナル製法、美白3ステップでお口の中をクレンジングすることで、ホワイトニング効果を発揮します。

それでは気になる美白3ステップを見ていきましょう。

キラハクレンズで汚れを浮かせて洗浄します!

落としきれなかった汚れが唾液成分のペリクルと結して出来るのが着色汚れのステイン。
このステインが歯の表面のエナメル質こびりつくと歯が黄ばんで見えます。

しかも口臭の原因にもなるんですね。

そこでキラハクレンズに配合されているポリリン酸ナトリウムにより、黄ばみや口臭の原因にもなる汚れステインを、吸着し浮かせ洗浄します。

歯の再石灰化をし白さをアップ!

汚れを浮かせてクレンジングした後はキシリトールの働きで白さをアップしていきます。

そのためには歯の表面をツルツルにすること。
歯の表面はエナメル質で出来ています。

そしてエナメル質を構成するのがカルシウムです。
カルシウムは酸に弱いので、飲食したときに作られる酸により溶け出してしまうという弱点があります。

そこでさんを中和しこの弱点を補ってくれるのが「唾液」なんですね。

キラハクレンズには唾液の分泌を促進し、歯の再石灰化作用を持つキシリトールが配合されています。

歯のエナメル質から溶け出したカルシウムは、キシリトールの働きで再付着。
歯の表面はツルツルになり白さもアップするというわけです。

歯の表面を均一にして美白コート!

歯磨きはしっかりしているのに歯が黄ばんで見えてしまう原因の一つに強く磨きすぎていることがあります。

強いブラッシングは歯の表面を傷つけていることにも。

そのことによりエナメル質が薄くなってしまい、エナメル質の奥にある黄色がかった「象牙質」が透けて見え歯が黄ばんで見えてしまいます。

キラハクレンズの配合されている成分、「グリセロリン酸カルシウム」と「ポリリン酸ナトリウム」の働きにより歯の表面を均一に整え美白コートすることで、汚れがつきにくくなります。

歯の白さを保てるんですね。

キラハクレンズの効果的な使い方

まずは基本的な使い方からご紹介します。

  • 使用目安:1回1包
  • 封を開けて液体を口に含んで15秒。お口全体に行き渡らせるようにクチュクチュします。
  • 吐き出した後、水うがいをする必要はありません。

簡単です^^

では
効果的な使い方を。

おすすめのタイミングは「就寝前」です!

寝ているときって唾液の分泌量が減ってお口の中が乾きやすくなります。
・・・と言うことは、黄ばみの原因菌が増えやすくなるってこと。

なので、食べ物を食べることなくお口の中が空っぽのときこそ、キラハクレンズでクチュクチュすることが望ましいんですよ。

いつ使用しても構わないのですが、効果的に使うなら就寝前を意識してみるのもアリですよ!

低コストで手軽に自宅でホワイトニングができるキラハクレンズの公式サイトはこちらからご確認ください。

↓↓↓
すすいで歯が白く息キレイ!【キラハクレンズ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました