バナナジュースの効果や飲む時間は?食前と寝る前では違ってくる?

バナナジュース 効果 飲む時間 画像
スポンサーリンク

 

バナナジュースにはお通じ改善やコレステロール低下、美肌作りなど様々な効果があり、極力は朝に飲むのが断然におすすめ!

 

もちろん寝る前に飲むのもリラックス効果を得られて安眠しやすくなるのですが、やっぱり朝食に飲むのがベストですね。

 

今回はそんな、バナナジュースの知られざる効果や、飲む時間、栄養価などを詳しく紹介していきます!

特にお通じを改善させたり美肌効果を求めているのでしたら、ぜひ知っておくと良いですよ。

 

バナナジュースの効果をアップさせる飲む時間は?

バナナジュースの効果をアップさせる時間はズバリ朝!

要するに朝食としてバナナジュースを飲むのがとっても効果的なんですね。

 

朝はお腹の中も空っぽなので、バナナジュースを飲むことでその栄養しっかり吸収できて、効果も存分に得られます。

 

では、そんなバナナジュースに含まれている栄養価と効果と飲む時間について更に詳しく解説しますね。

 

バナナジュースの栄養価

バナナジュースには、

  • 食物繊維
  • カリウム
  • ペクチン
  • セロトニン
  • ポリフェノール
  • 糖質
  • ビタミンB6

が含まれています。

こうしてみると、本当にバナナジュースって栄養価が高くて、健康にとっても良いことが分かりますね。

では、これらの栄養素は一体どんな働きをして、効果をもたらしてくれるのでしょうか?

 

バナナジュースの効果がスゴイ!

バナナジュースはまず食物繊維が豊富なため、お通じを良くして便秘を解消してくれます。

またカリウムが含まれているので、体のむくみも除去できるのですよ。

 

更に、ペクチンという成分によって、コレステロール値を下げることが出来ます。

 

しかもセロトニンという、幸せホルモンを分泌させる効果を持つ栄養価もあるため、リラックスするし幸福感を得られるでしょう。

 

そしてポリフェノールとビタミンB6によって、シワを改善したりシミを予防するなど美肌作りにも役立ちます。

 

また、糖質も含んでいるために、朝にバナナジュースを飲むことで、しっかりエネルギーを補給することが可能なんですよ!

 

バナナジュースって本当に健康と美容に良い飲み物だったんですね!

私もバナナジュースを飲んでみたくなりました!

 

やっぱり健康だけでなく美容にも良いってすごく魅力的ですよね。

では、そんなバナナジュースって具体的にいつ飲むのが良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

バナナジュースを飲む時間は?食前と寝る前では違う

バナナジュースは先ほども少し説明しましたが、やっぱり朝に朝食代わりとして飲むのがベスト!

 

そうすれば摂取した糖質のエネルギーも日中しっかり消費できるし、なにより朝食代わりとして飲むことで、体内がバナナジュースの栄養を余すことなくしっかり吸収してくれますよ。

 

ただし、寝る1時間前なのでしたら、バナナジュースを飲んでもOK!

 

バナナジュースに含まれるセロトニンのおかげで、体がリラックスして寝付きが良くなりますよ。

 

でもダイエット目的でも飲むのなら、やっぱり朝に飲むのが私個人的にもすごくおすすめです。

ということでバナナジュースはぜひ朝食として飲むようにしていきましょう。

 

バナナジュース一杯のカロリーは?牛乳と豆乳の場合を比較

バナナジュース一杯は、

  • 牛乳で作った場合だと245kcal
  • 豆乳で作った場合だと225kcal

ですね。

豆乳で作った方が若干ですがカロリーは低め。

 

しかも豆乳はイソフラボンという栄養によって、ホルモンバランスの働きを改善するため、やっぱりおすすめとしては豆乳でバナナジュースを作ること!

 

私も毎朝豆乳を飲んでいるのですが、おかげで生理痛も軽減されたし月経周期の乱れもなくなりました!

 

少しでもバナナジュースをヘルシーに飲むためにも、豆乳でバナナジュースを作って飲むことをおすすめします。

 

しかも豆乳だと、大豆たんぱく質も摂取できるため、筋肉も作りやすくなり、より痩せやすい体作りに役立てられるのです!

やっぱり大豆の力ってすごいんですね。

 

豆乳は牛乳のようにお腹を下す心配もないので、ぜひバナナジュースはやっぱり豆乳で作っていきましょう!

 

バナナジュースの効果や飲む時間のまとめ

バナナジュースにはお通じ改善やコレステロール値低下、美肌作りなどの効果があり、しかもしっかり糖質でエネルギーをチャージできます。

 

朝にバナナジュースを朝食として飲めば、豊富な栄養をしっかりと吸収できるので、やっぱり朝食としてバナナジュースを飲んでいきましょう。

 

ただし、バナナジュースは牛乳ではなく豆乳で作った方が、低カロリーだしホルモンバランスを整えられるし、より痩せやすい体作りに繋がるのでおすすめですよ!

 

スポンサーリンク

 

コメント

  1. […] バナナジュースの効果や飲む時間は?食前と寝る前では違ってくる? バナ… […]

タイトルとURLをコピーしました