紫陽花のおまじないで玄関やトイレに吊るすご利益とやり方は?

紫陽花のおまじない
スポンサーリンク

 

白、ピンク、紫、青など鮮やかで大きな花をつける紫陽花。

特にジメジメした梅雨の季節に見かけると、なんだかパワーをもらえるような気がしませんか?

 

紫陽花は、日本では古くから縁起の花として、おまじないに使われてきました。

玄関やトイレなど吊るす場所によって、さまざまなご利益があるといわれています。

 

近頃はコロナ禍だし、働き方や、仕事内容が変わってきたり、健康ついても以前よりも意識が高くなってきたりしやすいですよね。

 

ここでは、金運と健康運アップをもたらすおまじないの方法をご紹介します。

 

玄関に紫陽花を吊るすおまじないのご利益は金運アップ!

昔から、商売繁盛をもたらすものとして、ハチの巣を玄関に飾る風習がありました。

 

私が子どものころも、住宅街で玄関でハチの巣を吊るしている家があり、なんだろうと思っていましたが、そういうことだったのかもしれません。

 

紫陽花も、小さな花がたくさんひしめき合って大きな花となっていて、その形がハチの巣に似ているからでしょうか、同じように、玄関に吊るして金運アップをもたらすといわれています。

 

スポンサーリンク

 

紫陽花のおまじないでトイレに吊るせば婦人病に効果あり?

トイレは、風水では健康運を左右する場所として言われていますね。

 

紫陽花をトイレに吊るすと、おへその下の病、女性だったら婦人科系の病気ですね、それから守ってくれるといわれています。

 

紫陽花のおまじないのやり方!6月と7月のいつに行う?

「へー、すごい!私も金運、健康運アップしたい!!でも、どうやって?」と思うあなたに、おまじないを行う時期とやり方を簡単にご紹介しますね。

 

金運をアップさせたい場合は、

太陽のパワーが大きくなるといわれている

6月の夏至の日がオススメです!

7月だったら、土曜の丑の日がいいですね。

 

婦人科系の健康運をアップさせたい場合は、

6月の6がつく日がオススメです!

つまり、6日、16日、26日ですね!

 

紫陽花のおまじないで準備するもの

おまじないで準備するものは、

★金運アップの場合★

  1.  あじさい一輪
  2. 半紙
  3. 金と白の水引き

になります。

 

★婦人科系の健康運アップの場合★

  1. あじさい一輪
  2. 半紙
  3. 赤と白の水引き

どちらも用意するものは似ていますが、

水引きの色が違いますね!

 

紫陽花のおまじないのやり方

え、なんか不思議なものを用意するんだなあ、と思われるかもしれませんね!

じゃ、実際どんなふうにやるのか、色々なやり方があると思いますが、一番シンプルなやり方をご説明します。

 

おまじないのやり方は、

1 紫陽花を用意する。

この時注意するのは、切り花はNGということです!

地面についているものがよしとされています。お庭に咲いているものか、お花屋さん買う場合、鉢植えを購入してくださいね。

 

2 茎から一輪だけカットする。

カットするのは、吊るす前の日の朝早い時間帯がオススメです!

 

3  一晩夜露にさらす。

昔は屋根の上などできるだけ高いころにおいておくのがよい言われていたそうですが、今はなかなか難しいと思うので、ベランダのできるだけ高いところにおいておくのがよいようです。

 

4 半紙に自分の名前と生年月日を書いておく。

5 日の出前に紫陽花を取り込み半紙でくるむ。

花束をつつむみたいなイメージでくるめばよいようです。

 

6 目的に合わせた水引きで結ぶ。

花束を結ぶリボンの場所を、水引きで結びましょう。

 

7 玄関やトイレなどに吊るす。

できるだけ、自分の目線か目線より高い場所が良いですね。

 

こうすることで、

吊るした日から一年間はおまじないのご利益がある

と言われています。

 

 

紫陽花 おまじない やり方のまとめ

いかがでしたか?あじさいをこんな風にして吊るしておくと、金運や婦人科系の健康
ご利益があるのですね!!

 

これで一年間ご利益があるのなら、ちょっと頑張って準備するのも良いかもしれないですね!

たくさんご利益もたらされますように☆彡

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました