ポテチが太る理由を徹底解説!太る部位が違うって本当?

ポテチが太る理由
スポンサーリンク

みんな大好きポテチ。一人でもみんなでもついつい買ってしまうお菓子です。

 

いろんな味や容量で商品のラインナップがあり、お菓子コーナーにいくと迷っちゃう。
とはいえ、太りやすいってことはみんな知っていますよね。

 

改めてなんでポテチって太りやすいのか。また、太りやすい部位はどこなのか紹介します。

 

ポテトチップスが太る理由

ポテトチップスが太る!考えられる理由は次の4つ。

 

  1. カロリーが高い
  2. 糖質の多さ
  3. 塩分の多さ
  4. 美味しすぎる

では詳しく見ていきましょう!

 

ポテトチップスが太る理由:カロリーが高い

一般的な間食は200kcalに抑えたいものです。

ところが、ポテチは大体が一袋50g~60g程度で330kcal程度

種類によってはもっと高いカロリーのものもありますね。

 

間食でぺろっと一袋食べちゃうと、平均の1.5倍ほどのカロリーを摂取することに(汗)

 

カロリー制限というダイエット法があるほど、摂取カロリーはダイエッターにとって重要な指標ですね。

 

ポテチが太る理由:糖質の多さ

原料はじゃがいも。

ということは、主成分は炭水化物ですね、つまり糖質。

 

糖質を摂ると体内では、血糖値が上昇し、それを下げようとインスリンが分泌されます。

 

このインスリンが厄介。

脂肪を蓄える働きをしちゃいます(汗)

 

血糖値を正常に保つのは大事だけど、脂肪は蓄えないでほしいですね。

 

糖質が多いと分泌されるインスリン量も増え、脂肪もより蓄えられてしまうってことに!恐ろしいです。

 

ポテトチップスが太る理由:塩分の多さ

しょっぱいのがうまい!ですよね。

この塩分はむくみの大敵。

 

体内の塩分を薄めようと水を蓄えます。

 

ポテチを食べると喉が渇いて飲み物を食べたくなりますね。それを蓄えてしまったらその分体重は増えてしまいます。

 

ポテチが太る理由:美味しすぎる

うまみ成分たっぷりです。

脂質やアミノ酸調味料が食欲をそそり、食欲増進。

 

成分やカロリーについては難しいですが、なにより食べてしまう理由はおいしさ!ウマすぎる。。

 

それが一口で終わることができればいいのですが、脂質やアミノ酸調味料が中毒性をもたらし、次の一口へと手が伸びます。

 

分かっているのについつい食べすぎてしまうポテチ。

太る理由を頭の片隅にでも置いて、1袋完食のところ半分でやめておく。

 

次の記事を読めば、このささやかな努力を実践したくなりますよ!

 

スポンサーリンク

 

 

ポテトチップスなど食べ物で太る場所が違う!

 

ポテチなど食べ物で太る場所つまり部位が違ってきます。

  1.  炭水化物は下腹
  2. 脂質は背中
  3.  糖分はふくらはぎ、太ももにむくみ出現

 

これらの部位って女性が痩せたい部位ばかり。困ったものですね。

 

特に炭水化物の摂取量が多いと下腹が出ます!

 

納得です。私も下腹でちゃってます(汗)

ポテチに限らず炭水化物大好きですから。

 

◆こちらもオススメ!合わせて読みたい記事

マクドナルドがカロリー高いと言われる理由!太らない食べ方もある?
どの町にもあるマクドナルド。お手頃価格で安定のおいしさを提供してくれます。 新商品や季節の商品も充実。また朝マックや夜マックなど時間帯によってメニューを変えるのも新しい。 そんなマクドナルド、想像通り高カロリーでダイエッ...

 

 

ポテチが太る理由のまとめ

値段もお手頃、あけたら最後食べきるまで終われない魅力のあるお菓子、ポテチ。
いろんな味や食感があって本当に企業努力も感じる日々です。

 

ポテチの成分からして食べて痩せるとは言えないですね。

 

ですが、太りやすい部位やカロリーを意識し、食べた分動くようにすれば太らない!

 

子供のころから慣れ親しんだお菓子です。太りやすいですが、これからもおいしくいただきましょう^^

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました