簡単!ブロッコリーの洗い方と栄養逃さない茹で方!冷凍の場合も

ブロッコリーの洗い方 茹で方
スポンサーリンク

 

ブロッコリーの洗い方はボウルに水とお酢を入れてそこに房を下にして10分~20分浸けるか、ビニール袋にブロッコリーとたっぷりの水、塩を入れてよく振っていくこと。

 

また栄養を極力逃さないようにする効果的な茹で方は、水を少なめにしてフライパンで蒸すように茹でるか、600Wの電子レンジで1分30秒~2分加熱するだけ。

 

そして冷凍してあるブロッコリーを茹でる場合は、1分間だけ茹でてから、しっかり水気を切って炒め物などにすればOK!

 

ブロッコリーってやっぱり栄養を逃さずに、そしてなおかつ美味しく食べたいですよね!

そこで今回は、ブロッコリーの汚れがしっかり落とせる洗い方と、栄養がなくならない茹で方をご紹介します。

 

ブロッコリーの栄養を流さない洗い方!

ブロッコリーの栄養を逃さない洗い方はズバリ、ボウルに水とお酢を3:1の割合で入れ、房を下にして浸しておくか、ビニール袋にブロッコリーと水と塩を入れてよく振ること。

 

するとブロッコリーの栄養を流すことなく、なおかつ汚れもしっかり落とすことが出来るので、とっても安心ですよ!

 

では、より詳しく、ブロッコリーの栄養を流さない洗い方を解説しますね。

 

ブロッコリーは酢や袋を使う洗い方も!

ブロッコリーに含まれる栄養を逃したくない場合は、ボウルに水をお酢を3:1の割合で注ぎ、その酢水に房を下にして浸して、10分~20分待ちましょう。

 

その後は、調理する前に、ブロッコリーを軽くで結構ですので、きちんと水洗いしておいてくださいね。

 

そうすれば栄養を逃すことなく、しっかりとブロッコリーの汚れも落とすことが出来ますよ。

 

もしくはブロッコリーをビニール袋に入れ、ブロッコリーがかぶるくらいの水を注ぎ、塩を小さじ1杯だけ入れて、ビニール袋の口をしっかり閉じて、よく振っていきましょう。

 

するとやっぱり同じように、栄養を逃さずにしっかりとブロッコリーを洗浄できるのでとっても安心。

 

このビニール袋を使った洗い方は、私個人的にもすっごく楽ちんだしおすすめなんですよ!

 

ぜひブロッコリーを調理する際は試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

ブロッコリーの栄養を逃さない茹で方

ブロッコリーの栄養を逃さない茹で方は、水少なめにしてフライパンで蒸すようにして茹でるか、耐熱容器に小房にしたブロッコリーと水大さじ2杯を入れて加熱すること。

 

そうすれば栄養を逃すことない茹で方がとても簡単かつ効果的に出来ますよ!

ではより詳しく、ブロッコリーの栄養を逃さない茹で方をご説明しますね。

 

ブロッコリーの茹で方:水少なめのフライパンで蒸す

ブロッコリーの栄養を逃さない茹で方としては、水少なめのフライパン蒸していくこと。

 

目安としては、水大さじ3杯をフライパンに入れて、そして小房に切り分けたブロッコリーも入れて、フタをして強火で2分茹で、その後は火を消して1分間蒸せば完了!

 

とっても簡単だけれど、栄養も逃すことはないし、とっても美味しくブロッコリーを食べることが出来ますよ。

 

でも、ブロッコリーってやっぱりいちいち茹でるのって面倒ですよね…。

そんな時は電子レンジを使っていきましょう!

 

 

ブロッコリーの茹で方:レンジを使って簡単に!

ブロッコリーをよりお手軽かつ栄養を逃さずに茹でるには、小房に切り分けたら、耐熱容器にブロッコリーを入れ、大さじ2杯の水をかけてください。

 

そしてラップをしてから、電子レンジで加熱をして茹でていきます。

 

この時の加熱時間の目安としては、ブロッコリーの量だいたい100gに対して、600Wのレンジで1分30秒~2分。

 

そうすれば栄養は逃げないので、やっぱり安心してブロッコリーを食べることが出来ますよ。

電子レンジを使う方がかなり簡単なので、ぜひチャレンジしていきましょう。

▶▶安心して食べられる有機野菜・低農薬野菜を試してみたい方はこちら!

冷凍ブロッコリーの茹で時間の目安は?

冷凍されているブロッコリーの茹で時間の目安はだいたい1分

 

ただし、煮込み料理やスープ、シチューなどにブロッコリーを使うなら、凍ったまま加熱していくと良いですよ!

 

炒め物などに冷凍ブロッコリーを使う場合に限り、目安として約1分間ブロッコリーを茹でていくと良いでしょう。

 

あんまり茹で過ぎてしまうと栄養もなくなるし、しかも食感も悪くなるだけでなく、水っぽくなってしまうのでご注意くださいね。

 

特にご家庭で、冷凍する前に1度、もう既に軽く茹でてある冷凍ブロッコリーなのでしたら、茹で時間は本当に1分だけにするか、茹でずに凍ったまま使った方がおすすめです。

 

ブロッコリーの栄養を逃さないためにも、茹で時間にはくれぐれも注意してくださいね。

 

◆合わせて読みたい記事

簡単!ブロッコリーの洗い方と栄養逃さない茹で方!冷凍の場合も
ブロッコリーの洗い方はボウルに水とお酢を入れてそこに房を下にして10分~20分浸けるか、ビニール袋にブロッコリーとたっぷりの水、塩を入れてよく振っていくこと。 また栄養を極力逃さないようにする効果的な茹で方は、水を少な...

 

 

ブロッコリーの洗い方と栄養逃さない茹で方のまとめ

ブロッコリーの洗い方は水3:お酢1に房を浸すか、ビニール袋にブロッコリーと水と小さじ1杯の塩を入れてよく振って洗うことがおすすめ。

 

そして栄養を逃さずに茹でたいなら、大さじ3杯の水だけでブロッコリーをフライパンで蒸すようにして茹でるか、レンジで1分30秒~2分だけ加熱するのがベスト!

 

また、冷凍ブロッコリーを美味しく、栄養を逃さずにきちんと茹でる場合は、1分間だけ茹でるようにしましょう。

 

煮込み料理にブロッコリーを使う場合は、凍ったまま調理すると良いですよ!

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました