チョコレートの賞味期限切れから1ヶ月!食べれる?2年,3年後の場合は?

チョコレート 賞味期限切れ 1ヶ月
スポンサーリンク

 

小さいころから甘いものには目がなかったです。というわけでチョコレートももちろん大好き!

 

バレンタインではもちろんですが、1年を通して、スーパーやコンビニで自分用に少しご褒美チョコを買ったりもします。

 

甘いもの大好きな私は、賞味期限内に食べきったことしかないですが、実家には賞味期限切れのチョコも見かけます。

 

賞味期限が切れたチョコが食べられるのかまとめましたのでご覧ください!

 

 

チョコレートの賞味期限切れから1ヶ月!食べれる?

一般的にチョコレートの賞味期限は短いもので半年ほど。

賞味期限が長いものだと1年以上品質が保証されているものも

 

生クリーム入りやナッツ・フルーツ入りのチョコはこれとはちがい、賞味期限が短くなるので注意が必要です。

 

冷蔵で保存している場合ものによりますが、2年程持つと言われています。

 

賞味期限が切れても食べられるんです。スゴイですね。

この理由は、チョコの製造方法によります。

 

カカオ豆の種子を発酵・焙煎したカカオマスに砂糖、粉乳、ココアバターを加え作られます。

 

ここでのポイントは水分がほとんど含まれていないこと。これにより傷みにくくなっています。

 

このように見てくると、賞味期限が1か月過ぎたチョコ

 

先述の通り、生クリームやナッツ、フルーツなどが含まれていないもの、かつ適切な保存がされていたものであれば、まだ食べられると考えられますね

 

保存方法はパッケージを参照してくださいね。

これからの季節暑くなりますね、不安なら冷蔵庫に入れましょう!

チョコはご存じの通り、高温に弱いですから。

 

スポンサーリンク

 

 

チョコレートの賞味期限切れから2年、3年後の場合は?

賞味期限から1年以上過ぎていても、適切な保存方法で冷蔵や冷凍されていたチョコは食べられるんです。

 

驚きですね。
しかし、製品に含まれる成分などいろいろな条件下で変わってくるため、注意が必要です。

 

チョコレートの賞味期限切れから2~3年経っていた場合
例えば、チョコレートに含まれている油脂が酸化すると変な味がします。

 

酸化したものを食べると、気持ち悪くなったり吐き気がすることもあるので、このような場合は食べないほうが無難ですね。

 

基本チョコレートが腐ることはないですが、食べた時にいつもと違う?味が変かも?など感じた時は、体のことを考えて気持ちよく処分しましょう。

 

チョコが傷んでいるサインを次に紹介しますので参照ください!

 

 

賞味期限切れのチョコレート!表面が白いけど食べれる?

チョコを開けたときに、表面のつやが失われ表面が白い!
これはファットブルームシュガーブルームといった現象です。

 

見た目はカビのようで嫌なのですが、食べることは出来ます
でも、チョコの品質が低下しているので味や風味は落ち美味しくないです(汗)

 

★こちらもオススメ!関連する記事★

チョコを食べ過ぎても太らないって本当?最適な量と時間帯を調査!
甘いものからビターなものまで種類豊富なチョコレート。 大好き!って方、多いのではないでしょうか? 私ももちろん大好き。食べすぎてごはんいらないってなるほど・・・。 今回はそんな大人から子供まで大人気のチ...

 

苦いチョコを甘くする方法は?アレンジひとつで美味しい食べ方
苦いチョコを甘くする方法って実はないので、チョコをアイスなどに混ぜて食べるか、ホットミルクに溶かすなどしてアレンジするのがおすすめなんですよ! カカオ度数がとっても高いチョコって、苦いからなかなか美味しく食べられない場合もありますよね...

 

 

チョコレートの賞味期限切れから1ヶ月!食べれる?2年,3年後の場合はのまとめ

美味しくて種類も豊富で食べだしたら止まらないチョコレート。

 

カロリーも高いものが多いので、一度に大量は食べられないって方もいるはず。

 

またたくさん頂いてすぐには消費しきれないってときは冷凍や冷蔵をして、できるだけチョコレートが傷まないように保存するようにしましょう。

 

本来チョコは水分を含まず、傷みにくいお菓子です。
長い間保存できるはずなので、適切な保存方法を守るようにしましょうね。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました