2022年12月映画公開!『Dr.コトー診療所』の魅力を徹底解説!

2022年12月映画公開!『Dr.コトー診療所』の魅力を徹底解説! 映画・ドラマ
スポンサーリンク

マンガを原作として、2003年と2006年にドラマ化された『Dr.コトー診療所』。主役であるコトー先生役を吉岡秀隆さんが演じ、人気ドラマとなりましたよね。

そんな『Dr.コトー診療所』が今年、16年ぶりに新作映画として公開されます。Dr.コトー診療所 ファンの期待が高まる一方で、ドラマ放送から時間が経っていて見たことがないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、人気ドラマである『Dr.コトー診療所』の魅力を徹底解説します。Dr.コトー診療所のドラマを鑑賞して、一緒に映画公開を待ちましょう!

Dr.コトー診療所 あらすじとキャスト

物語の舞台は、医師のコトー先生の赴任先である、志木那島と呼ばれる離島。志木那島の住人と触れ合いながら病気・命・家族をテーマとして扱い、人情味溢れる人気ドラマとなっています。主題歌には、中島みゆきさんの「銀の竜の背に乗って」が使われており、ドラマの世界観にもマッチしていましたね。

出演者たちも非常に豪華な顔ぶれで、主演の吉岡秀隆さんをはじめ、柴咲コウさん、時任三郎さん、大塚寧々さん、石田ゆり子さん、泉谷しげるさん、神木隆之介さんなどが出演していました。

Dr.コトー診療所の3つの魅力

次に、Dr.コトー診療所の魅力を3つ解説していきます。

①病気・命・家族への向き合い方を考えさせられる

Dr.コトー診療所は、医療ドラマとヒューマンドラマの内容を兼ね備えており、病気・命・家族への向き合い方を考えさせられます。エピソードごとに異なる患者の診察や治療を行うのですが、離島ならではの人と人との繋がりを描写しているシーンも多いです。そのため、一般的な医療ドラマよりも感情移入しやすく、毎回涙が溢れてしまいます。

また、家族の病気が発覚した際のシーンもリアルです。実際に、自分の家族でも同じことが起きた時には、どのように向き合っていくといいか考える機会を与えてくれます。重いテーマを扱っている分、シリアスな場面も多いですが、今後の人生の価値観を変えてくれるドラマとなるでしょう。

②コトー先生の優しい人柄

コトー先生の優しい人柄も魅力の1つでしょう。コトー先生の人柄を表すセリフとしては、「病気を見ずに、人を見ろ!人が人を治すんだ」が代表的です。患者1人1人に寄り添って診察や治療を行うコトー先生の姿を見て、実際に医師を志す人もいるほど。吉岡秀隆さんが、コトー先生の人柄を上手く演じていますよ。

③離島特有の風情ある風景描写

離島が舞台ということもあり、登場する海や村からは風情を感じることができ、ノスタルジックな気持ちになります。そのような絶景をバックにして、自転車を漕ぐコトー先生が、村の住人の訪問診療を行う姿も印象的。他の医療ドラマでは見られないロケーションに魅了される人も多いです。

Dr.コトー診療所のロケ地はどこ?

離島での物語が描かれていることもあり、ロケ地が気になる人もいるのではないでしょうか。Dr.コトー診療所のロケ地は、離島観光地として有名な「与那国島」です。

撮影用にセットされ、ドラマの中でも度々登場するDr.コトー診療所がそのまま残っています。診療所では、白衣を着てコトー先生になりきって記念撮影することも。現在は、映画撮影に使われているため見学できませんが、ドラマや映画を見終わった後にはロケ地巡りを楽しむことも可能ですよ。

他にも、ドラマで登場する与那国島の素敵な風景を堪能することもできるため、ロケ地を巡るだけで充実した1日を過ごすことができます。どのような風景なのか気になる人は、ぜひDr.コトー診療所をチェックしてみてください。

まとめ

今回は、吉岡秀隆さんが主演を務めた人気ドラマである、Dr.コトー診療所の魅力について解説しました。Dr.コトー診療所は、医療ドラマとヒューマンドラマの内容を兼ね備えており、涙なしでは観られない不朽の名作となっています。2022年12月に公開される映画でも、どのようなドラマが繰り広げられるのか期待が高まるばかりです。映画公開前に、ぜひドラマもチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました